荷物のサイズについて知っておく

- 荷物のサイズについて知っておく

停泊しているボート

荷物のサイズについて知っておく

国内線に荷物を持ち込めるサイズが2009年に変わっています。せっかく格安航空券を使って旅行に行っても、荷物が持ち込めなくなったら意味がありません。そこでどのように変わったのか、航空会社別の荷物に関する決まりなどを見ていきましょう。

持ち込める荷物のサイズ

持ち込める荷物のサイズは、飛行機の大きさによっても異なっていますが、大きく分けると2パーターン存在しています。分けられている基準は座席数になっているのですが、100席以上存在している飛行機と、100席未満の飛行機によって変わってくるのです。では、どのように異なっているのでしょうか。

100席未満の飛行機の場合には、3辺の和が100メートル以内で、幅が45センチメートルまで、高さが35センチメートルまで、奥行きが20センチメートルまでになっています。これを超えてしまうサイズの荷物は、100席未満の飛行機に持ち込むことはできないので注意しましょう。

100席以上ある飛行機の場合には、3辺の和が115センチメートルまでになっており、幅が55センチメートルまで、高さが40センチメートルまで、奥行きが25センチメートルまでになっています。当然これを超えてしまうサイズの荷物は、機内に持ち込むことはできません。サイズはとても重要なので、必ず覚えておきましょう。

荷物の個数と重さ

飛行機に持ち込める荷物のサイズはわかったと思いますが、他にも荷物の個数や重さも限られています。サイズの条件を満たしていれば、どんな荷物でも持ち込めるわけではないのです。ただし、個数や重さは航空会社によって異なっているので、国内旅行に行くときにはできる限り条件のよい航空会社を選ぶという方法もあります。

重くてたくさんの荷物を持ち込める航空会社の場合、料金が高くなっていることが多いですし、格安航空券を利用したとしても、超過料金が高くなっているケースもあるでしょう。やはり持ち込む荷物をできる限り減らすというのが、飛行機に乗る際には重要になるのです。

現在では観光地でお土産などを購入すると、宅配サービスを利用できる店も多いので、大きなお土産を購入する場合には、宅配サービスを利用するのもよいでしょう。ただし、別途送料を取られてしまうので、どちらがお得か事前に調べておく必要があります。

超過手荷物料金を調べる

機内に持ち込める荷物の数や重さ、サイズを超えてしまった場合には、超過手荷物料金を取られてしまいます。この料金を調べておくことで、超過手荷物料金を支払うべきか、宅配サービスを使うべきかの判断ができるようになります。