ネットで格安航空券を購入するときにはしっかりとリサーチしてから購入しよう!

- ネットで簡単に購入できる格安航空券

停泊しているボート

新着情報

▶2018/08/17
ネットで簡単に購入できる格安航空券の情報を更新しました。
▶2018/04/19
荷物のサイズについて知っておくの情報を更新しました。
▶2018/04/19
空港で楽しく過ごす方法の情報を更新しました。
▶2018/04/19
格安航空券をさらに安くする方法の情報を更新しました。
▶2018/04/19
サイトマップを新規投稿しました。

ネットで簡単に購入できる格安航空券

最近はインターネットで何でもできる時代になっていますが、国内旅行や出張をするときに便利な格安航空券国内の購入も可能です。そこでどのようにして購入するのかを、手順を追って紹介させていただきます。インターネット初心者でも簡単に購入することができるので、1度挑戦してみてはいかがでしょうか。

まずは利用するサイトを選ぶ

インターネットで航空チケットを購入するのであれば、まずはサイト探しを行う必要があります。なぜなら複数のサイトが存在しているからです。サイトを決める前に、評判や口コミなどを確認しておくと、信用できない変なサイトを使ってしまうという失敗がなくなるでしょう。
情報収集を念入りに行い、利用するサイトが決定したら、いきなり購入するための情報入力を行うのではなく、利用方法や規約などを確認するべきです。少しでも不明な点があったら、問い合わせをして返答をもらってから利用しましょう。返答がいい加減であった場合や、全く返事がない場合には、別のサイトを利用するべきです。

必要な情報を入力していく

利用するサイトが決定し、不明な点などもなくなったら、いよいよ格安航空券を購入するための情報入力を行います。入力する項目は、往復のチケットを購入するのか、往路だけや復路だけのチケットを購入するのか選択しましょう。次に出発地の空港と、到着する空港を選択します。
出発する大体の日時を入力し、さらに大体の希望する価格を入力しましょう。使用するサイトによって変わってきますが、これらの情報はどこのサイトを使っても必ず入力する必要があります。入力しないと飛行機を選択することができません。利用者の人数や年齢なども必ず入力しなければいけない場合が多いでしょう。
メールアドレスも間違いないように記入します。利用するサイトによっては、もっと細かい情報を入力できることもあります。例えば利用したい航空会社、座席のクラス、割引などができる運賃のタイプなどがあるでしょう。できるだけ細かい情報を入力することで、自分が乗りたい飛行機の種類をより絞り込むことができます。

情報を送信してチケットを購入する

必要な情報を全て入力し終わったら、送信ボタンを押します。この際には確認のための画面が出てくるのが一般的です。内容に間違いがないか必ず確認し、問題がなければ送信しましょう。ここで1つ注意点があります。それはSSLなどで個人情報がきちんと保護されているかという点です。
保護されていないと、第三者に情報を見られてしまう可能性があります。情報入力や送信を行う前には必ず確認しましょう。保護されていないサイトは、利用するべきではありません。情報を送信したら、記入したメールアドレスに詳細が記載されたメールが届いています。
もし届いていないようであれば、メールアドレスのミスや、迷惑メールのフォルダに入っている可能性があります。よく確認をしておきましょう。もしくはサイトの管理者に連絡をして、メールが届かいことを告げておく必要も出てきます。メールには振込先が記載されているので、指定された金融機関に料金を振り込みましょう。
振り込みが完了したら、再びメールが送られてくるのですが、このメールに記載されている番号が重要になります。航空会社によっては、搭乗番号の提示が必要になるので、当日はメールをコピーして国内旅行や出張に行くときに持っていきましょう。そうすればもし搭乗番号を求められたときでも問題なく飛行機に乗ることができます。

利用するサイトによって多少異なる

入力する情報やメールの内容、振込先などは、利用するサイトによって多少異なっている場合があります。今回紹介した内容は、あくまで一部のサイトのものなので、全てのサイトがこの手順になっているわけではありません。利用する手順をよく確認してから利用しましょう。